にこにこ保育園では、子どもの発達段階を考え、
その時期やその子に応じた必要なものを組み合わせて、
丁寧に子どもたちに届けています。
その方針に共感していただき、
今年度は定員を超えるお申し込みを頂戴しました。
次年度は少しでも多くのお子様を受け入れたいと考え、
敷地を広げて新園舎を増築中です。

●0歳児は、「あかちゃんのおうち」で安心感と信頼感をはぐくみます。
●1〜2歳児は、「にこにこ園舎」で。初めての自立心の芽生えを応援し、誇るべきイヤイヤ期を好奇心たっぷりに過ごせます。
●3~5歳児は、真新しい「おひさま園舎」と冒険心を満足させるダイナミックな園庭へ。
 仲間とともに知恵を出しあい、挑戦し、失敗をバネにし大きな達成感をたくさん味わいます。

0歳〜5歳までのお子様をお持ちの皆様へ 就学までの確かな保育で、AI時代を生き抜く力を育成します。

2045年、皆様のお子様が社会へ出る頃は、人工知能が人間の知能を超える技術的特異点(シンギュラリティ)を迎えると言われています。予測不可能な時代を人が幸せに生きていくためには、教育が変わらなければなりません。「正解は一つ」を前提にしてきた教育から、自分で学び自分で成長できる力を育てる教育へ。そのためには、乳幼児期の今が、とても大切です。

高松市林町に開園予定の「にこにこ保育園」は、乳幼児から達成感と喜びの体験を積んで、就学までのステップをしっかりと歩めるようプログラミングした保育園です。

私たちは、保育のプロとして、個々に異なる子どもの能力と育つタイミングを見逃さず、その子にとって最高の育ち方ができるよう、愛情をたっぷり注いで大切に育てます。

子どもたちが喜びとやすらぎを感じる「特別なおうち」は、2020年3月に竣工します。(園舎建築設計:ダイワハウス)

南プロヴァンススタイルの美しい建物、光がシャワーのように降りそそぐ保育室。創造性を引き出す遊具、宝探しのようなお庭。社会性が育ってくる5歳児のためには、厨房の調理シーンを見た後、ビュッフェスタイルで楽しむスペシャルランチの日もあります。

すべては、子どもたちの情操をはぐくみ、無限の可能性を大きく開かせるために。

さらに当園は、保護者の皆様の「もうひとつの実家」です。例えば、朝元気に登園したのに途中でお熱が出たとき。すぐにお迎えに来られなくても大丈夫。ご要望があれば保育士が病院へお連れします。子育てとお仕事の両立で頑張っておられる保護者の皆様の肩の荷を少しでもおろせるよう、真心こめて支えます。にこにこ保育園で始まる明るい未来にどうぞご期待ください。

にこにこ保育園 代表 梶尾 裕子

※にこにこ保育園は、2002年創業の株式会社チャイルドケア24が運営します。
当社は、高松赤十字病院院内保育所、高松市立みんなの病院院内保育所、木太・栗林・伏石・太田・林の 5ヶ所の小規模認可のにこにこ保育園等、高松市内10ヶ所の保育園運営を行う、保育のエキスパートです。

チャイルドケア24

就学までの確かな保育で、AI時代を生き抜く力を育成します。

全園共通の特長

  • 寄り添って、
    子どもの気持ちを
    聴く保育で成長を促す

    言語能力を獲得していく幼少期は、子どもに寄り添って今の気持ちを聴くことがとても大切。そのことによって、子どもたちは自分の気持ちを適切な日本語に変えることを学びます。一人ひとりの子どもが持っている育つ芽とタイミングをキャッチして成長を支援しています。

  • 満足するまで
    遊びこめる保育で
    集中力を育てる

    子どもは好奇心の塊。「これなんだろう?」「やってみたい!」と思った時の集中力は凄い!その意欲とタイミングを逃さずに、思いっきり熱中させてあげると将来大きく伸びます。一見「遊び」の形をした「学び」。子どもたちが試行錯誤力を体得していく教育環境を用意しています。

  • 園で突然のお熱!
    提携医を受診して
    別室保育も可能

    元気に登園したのに途中でお熱が、というのはよくあること。すぐにお迎えに来られない場合でも、当園には「体調不良児保育」の仕組みがあります。ご要望があれば提携医を受診でき、医師から「園で過ごしていい」という指示が出た場合は、保育士が別室でお母さんのように見守ります。

  • 食物アレルギーを
    未然に防ぐ
    緻密な対策

    入園前に、給食で使う食材リストをお出し、食べたことのある食材をチェックしていただきます。アレルギー対応はもちろん、食べて大丈夫な食材かどうかを必ず確認してから給食を食べていただきます。嫌いな食材を強いたりせず、「パプリカの歌」など食べたくなる工夫を凝らしています。

認可保育園:にこにこ保育園ならではの特長

  • 発達心理学に基づき
    設計した2種類の園舎

    父母と愛着形成を結ぶ0歳児〜1歳前半の子どもたちには、おうちの安心感が何より大切。園舎も落ち着きのある美しい住宅にしています。3〜5歳の子どもたちは、パブリックな雰囲気の施設で就学に向けての準備を。発達に応じて必要な体験ができる設計をしています。

  • 山・トンネル・橋・水・砂…
    五感を刺激する園庭

    平面だけでなく傾斜を自然に体感する小山、高低差のあるタイヤ、橋やトンネル、水に触れるエリア、ぶら下がれる木など、園庭には、子どもたちをとりこにするたくさんの仕掛けが。発育に合わせて遊びこめ、発見、チャレンジ、満足感を味わえるよう自発的に成長できる園庭をデザインしています。

  • ランチルーム&
    ビュッフェスタイル。
    年長児のための食育DAY

    年長児には体験型食育の日を設けています。厨房で食材が調理される様子をランチルームから見学し、その後ビュッフェスタイルでお食事。時には自分たちで育てた野菜を収穫して食べる体験も。作ってくれる人への感謝、旬の味、食べる喜びなど、大切なことが身につきます。

  • 希望者には
    園内で習い事ができます。
    カリスマ先生を招聘

    働いていると平日には習い事に連れていけない。土日に詰め込むと親子共々疲れてしまう。にこにこ保育園では、年中さん以上の希望者に向けて、英会話、ピアノ、硬筆、体で表現するダンス教室など、圧倒的に子どもを惹きつける先生にお越しいただき、能力開発を行います。

  • 緑育

    当園では野菜を育てたり、木や花に親しむことはもちろん、国連が定める国際生物多様性の日(5月22日)に、植樹等を行う「グリーンウェイブ」の活動を行なっています。

  • スマート保育

    当園では、テクノロジーを使うことで、事務・雑務から保育士を解放。子どもたちともっと向き合え、保育の質が向上できるよう取り組んでいます。

お迎えの保護者の皆さまへ「ホッとタイム」を差し上げます。

仕事中も帰宅してからの時間も、忙しく走り続けている皆さま。
お迎えの時間にちょっと一息、保育園で休憩しませんか。

吹き抜けの多目的室で、子ども用のソファに座って「ホッとタイム」。
「今日、こんな給食いっぱい食べたよ」というお子さんの報告に、
「どんなレシピなんですか?」「それはね…」と保育士との会話も弾みます。
お仕事から、家事・育児に切り替わる前のひとときをお楽しみくださいね。
にこにこ保育園は、保護者の皆様のもう一つの実家です。
どうぞ実家のリビングのようにおくつろぎください。