チャイルドケア24からのお知らせチャイルドケア24からのお知らせ

News & information

にこにこ保育園(開園予定:令和2年4月) 地鎮祭を執り行いました!

カテゴリー

2019年10月14日

名称はにこにこ保育園。
定員72名。0歳から修学前までの子ども達をお預かりする認可保育園(認可申請中)。
令和2年4月、高松市林町に開園予定です。
 
 
様々な方たちにご尽力いただき
この度無事、地鎮祭を執り行うことができました。


 
来年4月からは、これまでの

・小規模認可保育所(直営)
・院内保育所および企業主導型保育所(受託)

に加え、新たな認可保育園
「にこにこ保育園」が仲間に加わることになります。
 

 
新しいにこにこ保育園では

【1】小規模の「お家のような」雰囲気・安心感はそのまま、その上で、子ども達が就学までのステップをしっかり歩める園にする
   
【2】子ども達が自ら、「五感を刺激する遊び」「年齢に応じた遊び」を体験できるような、ワクワクする園庭にする

この2つを大切にし、園舎及び園庭の設計を
進めております。
(この2つ以外にも、これまでの保育所運営で培ってきたノウハウを、園舎や内装、家具類にも活かしています)
 
 
 
 
  
==にこにこ保育園 建設予定地==

==
  
 
いわゆる「一般的な施設」の様な園にしてしまっては、

今までの「お家のような安心感」をご支持頂いた皆さんとのお約束を破ることになる!
 
 
そう思い、これまでの小規模の良さを残しつつ

年中、年長になっても、小学校へのステップを上がれるよう年齢に応じた保育をしっかり行える。

そんな園にして参ります。
 


 
 
この地鎮祭がスタートです。
 
 
  
新しいにこにこ保育園に響く
子ども達の賑やかな声を想像しつつ
 
 
来年4月の開園に向けて
しっかり準備して参ります!
 
 
 
新規園への入園をお考えの方
新卒・中途に関わらず、就職をお考えの方
 

新たな「にこにこ保育園」は
まだ建物の形すらできていませんが
 

小規模認可保育園の各にこにこ保育園などの姉妹園は見学可能です。
 
 
こちらのフォームからお問合せいただくか
各園に直接お問合せ頂いても構いません。
 
 
どうぞお気軽にお問合せください。
 
 

「さくらの杜保育園」保育業務委託契約 契約満了のお知らせ

カテゴリー

2019年10月7日

関係者各位
 
 
拝啓  仲秋の候、皆様におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご厚情を賜り、厚く御礼申し上げます。
 

この度、私共「株式会社チャイルドケア二四」と「平成レッグス株式会社」さまにて締結しております企業主導型保育所「さくらの杜保育園」の保育業務委託契約が、当初の契約通り、令和2年3月31日をもって契約満了となりますのでお知らせいたします
 
 
弊社は、平成レッグス株式会社さまと、平成28年8月29日に、平成レッグス株式会社さまが設置される企業主導型保育所「さくらの杜保育園」の保育業務を業務委託契約いたしました。
 

契約期間は、「平成28年12月1日より平成32年3月31日まで」です。
 

開園前より、園舎の図面の間取りについてや、手作りおもちゃや環境構成・保育計画などの様々な書類作成など開園準備の段階から携わらせていただいて参りました。
 
 
開園後は、保育士による日々の保育・看護師による体調不良児保育・給食の調理や、様々な行事の企画運営や、行政からなどの監査対応などを担って参りました。

しかしながら、いよいよ来春に契約満了日を迎えることとなります。
 
 
来年度春からは、設置主体である「平成レッグス株式会社」さまが直営で保育を運営されていかれることになると伺っております。
 
令和2年4月1日からの「さくらの杜保育園」の保育業務に関する一切や、
「平成レッグス株式会社」さまが今後設置運営なさいます他の保育園(瓦町FLAG保育園)さまは、弊社とは切り離れたものになってまいりますが、
これからも、子どもたちを守り育て育んで行っていただければ嬉しいです。
 
 
契約満了日を迎える半年前の時期を迎えましたので、一区切りとして、皆様にご報告とこれまでの感謝をお伝えさせていただきます。
 
 
これまで私共の保育をご利用いただき、本当にありがとうございました。
また、卒園された多くの皆様から、過分なお褒めのお言葉や感謝のお言葉をいただきましたこと、心よりお礼申し上げます。
 

沢山の子どもたちとその保護者のみなさま、本当に楽しい時間をありがとうございました。

高松市での初めての企業主導型保育所立ち上げに、微力ながら力を尽くせたこと、
沢山、勉強させてもいただきましたこと、感謝に堪えません。

これからも、年度末の令和2年3月31日まで、全力で誠実に保育業務を全うさせていただく所存です。
 
 
一つのけじめとして、契約終了の半年前ということで、ご挨拶申し上げました。
ありがとうございました。
 

敬具

 
 
株式会社チャイルドケア二四
にこにこ保育園
代表 梶尾裕子

<10/6開催>保育士のためのコミュニケーション研修のお知らせ

カテゴリー

2019年9月9日

保育士のためのコミュニケーション研修

私たちは、「子どもの幸せを願い保育を志す」保育者集団です。
 
そんな私たちの耳にも、日々疲弊し、疲れ果てる保育士の声が多々聞こえてきます。

▼研修へのお申込みはこちらから▼
 
実際に現場で働く保育士仲間たちが、もし孤立し、一人疲れ果てているのなら・・・
 
保育の世界から去らなければならないほどの、悩みを抱えているのなら・・・
 
 
そんな保育士仲間の、何かの役に立てることができないだろうか?
そんなことをずっと思って来ました。
 
 
 
そこで、保育士の皆さんが少しでも笑顔を取り戻せるきっかけとして、一息つく時間を持ってもらえる場として、今回、「保育士さんのためのコミュニケーション研修」を企画しました。
 
 

保育士のためのコミュニケーション研修フライヤー

※画像タップ(クリック)で拡大します。 

 
▼研修へのお申込みはこちらから▼
  
  
香川県内には多種多様な園、多くの保育士さんがいらっしゃいます。
 
 
「他園の保育士さんはどんな悩みを持っていて、どうしているんだろう?」
「もっと色々な研修を受けてみたいな」
「他の園では、どんな工夫をして保育をしているんだろう?」
 
 
など・・・
 
 
色んな思いを抱えている保育士さんの
一人でも多い参加をお待ちしております。

====
<保育士のためのコミュニケーション研修>
 
【対象】
香川県内にお勤めの保育士もしくは香川県内の保育所にお勤めの方
 
【定員】
35名
 
【応募締切】
2019年9月30日(月)
 
【日時】
2019年10月6日(日)
9:30~11:30
 
【場所】
ミューズホール(香川県教育会館)
 高松市西宝町2-6-40 Googlemap
 
▼研修へのお申込みはこちらから▼

【にこにこ日記】保育士は迷探偵・・・?

カテゴリー

2019年9月9日

2歳児Aくんは、まだお友だちに自分の気持ちを上手く言葉で伝えきれない。

おもちゃや場所の取り合いでは、ついお友だちを噛んでしまうことがある。
 
 
お友達の腕には、くっきりとついた歯形。
 
 
辛いのは、噛まれた子どもだけではない。噛んだ子どもの心も痛む。
もちろん、保育士の心も…
 
 
どうして止めれなかったのだろうか?どうやったら防ぐことができるのだろうか?
 
 
噛まれた子どもや噛んだ子どもの心に寄り添いつつ、私たち保育士は自分たちの保育を振り返る。
 
静かな、誰もいなくなった保育室で開かれる、ミニ作戦会議だ。
 
 
保育士としてのアンテナを
フルに働かせ、考える。
 
 
どうすれば噛むエネルギーを、
別のエネルギーに変えていけるのか?
 
 
あーでもない、こーでもない。
あーすればいいかも。
 
こうするのはどうだろう?
 
 
試行錯誤しながら解決の糸口を探す。
 
 
おもちゃの数を増やしたり、コーナー遊びを工夫したりするなど環境を整えたり・・・

私たち保育士にできることは何か。
何度も何度も話し合う。
 
 
そして、このミニ作戦会議では、一つの作戦を実行することで決着した。
 
 
 
題して、噛み噛み攻撃撲滅大作戦!
 
 
 
===
<作戦1>
噛む子どもを【見張る】のではなく
【さりげなく見守ろう!】

【体の動き】だけでなく
【心の動き】もしっかり観よう!
 
 
<作戦2>
子どもの動きは速い。瞬発力が大事だ。
あっ!と思ったときに俊敏に動くために。
 

ジムに通う?
 
いやいや、ここは保育士らしく
園庭の三輪車でトレーニング!?
 

 

<作戦3>
心の声を、よーく聞く。 

噛んだ方と噛まれた方、
双方から丁寧に、ゆっくりと。
 
きっとそこから、なにか解決のヒントがみつかるはず。
 
 

そう、私たちは【名探偵コナン】のようになればいいのかも…
 
 
・・・

でも私たちはまだまだ【迷探偵】かもね!
 
 
 
なんて冗談も言いながら、
いつもミニ作戦会議は賑やかだ。
 
悲壮感はない。ピンチはチャンスだ!
 
 
なかなか作戦どおりには、いかない毎日。何度もミニ作戦会議は開かれる。
 
 
しかし私たち保育士に
落ち込んでいる暇はない。

繰り返し根気よく、子どもたちと向き合う。
そして自分の保育とも向き合う。
 
 
 
そんな日を繰り返していたある日・・・
 
おもちゃの取り合いが
はじまりそうな気配が・・・。
 
 
さっそく、ミニ作戦会議通り
そっと見守ることにする。
 
 
 
あっ・・・噛んじゃう!
 
 
 
そう思ったとき
 
AくんはBくんの腕を掴み
 
 
 
『かしてくれないと食べちゃうぞ』
 
 
そう言って
B君の手を食べる真似をして
 
 
 
『モグモグモグ
あ~おいしかった』
 
 
と言って噛まなかった。
 
 
 

さぁ
その日のミニ作戦会議は、もう大騒ぎ。
 
 
迷探偵(?!)たちは、
 
Aくんのユーモアと心の成長が嬉しくて嬉しくて、祝杯を上げてもりあがった。
 
もちろん、コップはままごとコーナーにおいてある空のコップだ。
 
 
 
その日を境にAくんはお友だちを噛むことがどんどん少なくなっていった。
 
 
今では、あの賑やかなミニ作戦会議がなくなり、ちょっぴり寂しい気もするけど、
 
それより何より、子どもたちの心の成長を嬉しく思う。
 
 
 
時に保育士は
【名探偵コナン】よろしく
 
【迷探偵】に変身することも
あったりするのだ。

(n)

2019年 にこにこ保育園 合同夏祭り開催!

カテゴリー

2019年8月8日


 
まるで本当のお祭りの縁日みたい!
 
 
 
7月13日は、にこにこ保育園5園(栗林・木太・伏石・太田・林)合同の夏祭りでした。

例年、各園の園庭および園舎で園毎に行っていた夏祭り。
栗林にこにこ、トモニスマイルの昨年の夏祭りの様子はこちら

 
しかし近年、夕方になっても下がりにくい気温。
高まる熱中症の危険。
  
子ども達、保護者、先生達の安全を考え
今年は屋内での実施を検討した結果

田村文化センター(高松市田村町)をお借りしての
夏祭りとなりました。
(駐車場も広くとれる、という理由もあります)
 
 
 
 
一歩ホールに入ると・・・
各園先生達の手による趣向をこらした面白そうなブースが!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
水風船すくいとかもあって
 
 
 
給食スタッフの先生による
バザーも大好評・・・!
 

 
  
本当のお祭り・縁日みたいな雰囲気!
 
 
 
しかも、子ども達が楽しくまわれるよう
スタンプラリー形式になっていて
 
 
 
スタンプを全て集めると
素敵な景品がもらえちゃうという
お楽しみも!

 
 
そして、お祭り後半のメインイベント・・・!
 

 
昨年の栗林にこにこでの夏祭りにも来てくれた
現役保育士ユニット「のりべん」によるライブ!

最後は、先生も子ども達もステージも観客も
いっしょになって盛り上がりました~!
 
 
 

この日は在籍園児はもちろんのこと
昨年、一昨年に卒園した子ども達も
駆けつけてくれ

しばしの再会を喜びました。
 
 
 
こうしたイベント時、
私たちが大切にしているのは
 

 
保育士自身が楽しむ」という姿勢です。

保育士が楽しむ姿は、きっと
子ども達にも伝わるはず。
 
 
この日の夏祭り
子ども達はもちろんのこと
 

 
保育士達もめいいっぱい楽しみ
忘れられない1日になりました・・・!
 
  
来てくれた子ども達
保護者のみなさん
 
ありがとうございました。
 
 
======

チャイルドケア二四では
 
新卒の方 中途の方 保護者の方など
施設見学を随時お受付しております。
 
当社法人総務部にお電話
もしくは こちらのフォームからご連絡頂くか
 
 
このページの下部のリンクから
各保育園に直接お問い合わせ頂いても
大丈夫です。
 

 
皆様からのご連絡
お待ちしております。