チャイルドケア24からのお知らせチャイルドケア24からのお知らせ

News & information

-会社としての原点を大切に- | 内定者研修会を開催いたしました

カテゴリー

2019年2月18日


 
2月10日、高松テルサ・視聴覚室にて
内定者研修を行いました。
 

研修には、各園のリーダーも同席してもらいました。

研修はまず、

梶尾社長から、小規模保育の重要性と
チャイルドケア二四を立ち上げについて
社長の実体験も絡めたお話から。

知人女性が、子育てに悩む姿を間近で見ていた梶尾。

「何か自分に出来ることは無いのか」

辿り着いた答えが、
主に0-2歳児の子どもを対象とした
小規模保育でした。

その思いは、

日々、子ども一人ひとりを大切に慈しみ、お母さんお父さんたちを支えます
と現在の会社理念の中に現れています。

 
その後、保育リーダーから
各園の紹介(次年度からは10園になります!)


 
事務リーダーによる
「チャイルドケアが目指す『最強の組織』とは」と続きます。

その他、内定者同士の交流と
コミュニケーションの種類と意義の体感を目的としたワークショップを3回に分けて行いました。
(訳あって、WSの詳細は秘密です笑)
 

 
 

参加者の感想

研修も終わり、参加いただいた皆さんに
感想を聞いたところ、皆さん一様に

社長の想いが聞けて良かった
不安だったが、4月からの就業が楽しみになった

と安心の声が聞かれました。
そして・・・私たちが嬉しかったのは
 

皆さん(参加しているリーダー)が本当に楽しそう
楽しそうに話している皆さんの姿を見て、早く仲間に加わりたいと思いました

といった言葉でした。

言葉を尽くした多くの説明よりも
やはり、そこで働くスタッフの姿こそが
何よりの”会社説明”。
 

スタッフこそが最高の財産です
 

今日、参加いただいた皆さんも
そんな”財産”となってもらえるよう

会社としても
精一杯バックアップしてこうと思います!

皆さん、4月から宜しくお願いします!